香川県さぬき市でむちうち治療ならみなづき接骨院へ!

みなづき接骨院

769-2322 香川県さぬき市寒川町石田西1029-1

交通事故の負傷のリハビリに自信があります

エキテン

電話番号 0879-43-0069

地図

駐車場10台

むち打ち治療協会

四十肩・五十肩

困ったこのような症状でお悩みではありませんか

  • バンザイしても腕が耳につかない
  • 夜、寝返りした時に腕の痛みで目が覚める
  • 服の着脱時、肩に痛みを感じる
  • 背中に手を回すのが痛くエプロンが結べない
  • 腕をあげる角度によって肩が痛い

四十肩・五十肩はなぜ起こる?|香川県さぬき市みなづき接骨院

item.333.1

四十肩・五十肩は年齢によって名称が異なるだけで、原因や症状は同じものです。

正式な名称は「肩関節周囲炎」といいます。

症状としては、肩関節の痛みと関節の可動域の制限がみられます

特に、急性期では肩を動かすと強い痛みが出たり、
夜寝ている時に疼くような痛みを感じたりします。
また、痛みの症状が落ち着いてからも肩の関節がロックしたように

可動域の制限が残ったままになってしまう場合があります。

肩関節というのは、人間の関節の中で最も可動域が大きく、
360度どの方向にも動かすことができます。
kata

日常生活や長時間同じ姿勢で生活しているうちに、肩周りの筋肉がだんだん硬くなってしまいます。
そして本来なら動く角度や方向に制限が出てしまいます。

その状態で動かしているうちに、関節をスムーズに動かすための靭帯・筋・腱・間接包などが炎症や
拘縮を起こし痛みや違和感が生じています。

この四十肩・五十肩は大きな力がかかって発生するというわけではなく、
小さな力が繰り返して起こってしまうので、どうして痛くなったか、
何が原因だったか本人も分からない場合が多いのも特徴です。

四十肩・五十肩が改善しない・悪化する理由とは?|香川県さぬき市みなづき接骨院

四十肩や五十肩は我慢していると自然に治るという話をよく聞きます。
たしかに自然に回復していくケースもあるのですが、
治療を開始するタイミングが遅くなり
かなり症状が悪化した状態になってから来院されるケースが多いのが現状
です。

gojyukata炎症の症状は、時間の経過とともに徐々に治ってきますが、
一定以上の強い炎症や筋肉の緊張というのは自然に良くなるケースは少なく、どんどん症状が悪化していくことの方が多いです。

また、肩は動かさないと固まるといった間違った情報で、
肩を動かすと痛いのにも関わらず、動かしすぎて症状を悪化させている方も多くみられます。

炎症のある急性期の状態の時は、安静にして肩に負担をかけない方がいい結果をえられます。

肩の炎症が取れてある程度、症状が落ち着いてきてからが関節のストレッチなどの
運動療法をおこなう適切なタイミングになります。

さぬき市 みなづき接骨院の四十肩・五十肩に対する治療法は?|香川県さぬき市みなづき接骨院

♦炎症があり痛みの強い時期(急性期)

痛みの強い時期には、浅い表面の筋肉に炎症がみられます
そのため、当院では炎症の強いこの時期には「エグゼトロン」という
一般の接骨院・整骨院では使用の少ない効果の高い低周波治療器を用います。eguzekutoronn
一般の電気治療とは異なり、
この「エグゼトロン」を筋肉が収縮しない程度の強さで電気を流します。
一般の電気治療と同じ方法では、筋肉を強く収縮させるため、神経の興奮は抑えることが出来ても筋肉を緩めることは出来ないからです。

筋肉が収縮しない程度の弱い刺激が、筋肉の緊張を取り、炎症の改善につながります。

また同時に、手技での治療で、肩関節と肩甲骨の動きを確認し、
痛みの出ない方法で関節を動かす治療をおこないます。
自分で動かす自動運動とは異なり、動かされる他動運動はこの時期に効果的です。

 

♦関節の可動域が制限されている場合

ある程度、炎症がおさまって痛みが軽減してきても、
関節の可動域が制限されている場合が多く見られます

そういう場合、注意すべきものとして石灰沈着生関節炎(滑液包炎・腱炎)があります。
関節は関節包と呼ばれる袋に包まれていて、
肩関節でこの関節包や腱板に石灰が出来てしまい肩の可動域を制限してしまいます。

五十肩このような状態の場合、当院では、香川県初導入の拡散型ショックウェーブ治療器を使用した治療(ショックウェーブ療法)を行います。

このショックウェーブ療法とは、圧力波によって痛みを伝える末梢神経を
麻痺させ、
痛みを緩和させたり、痛みの箇所を微小損傷させることで
新しい回復のサイクルを
発生させたりする治療です。

治療回数は5回〜10回の治療を一週間おきに行います。4回(4週間)の治療で、87%の方の石灰沈着が完全に消滅したという研究結果も出ています。

肩の筋肉のマッサージやストレッチなどの対処療法とは異なり、
肩の血流と組織代謝を増加させることで、
組織の変性や石灰沈着などの慢性化した治りづらい痛みを取ることが出来ます。

四十肩・五十肩でお困りの方はぜひ一度、
さぬき市にあるみなづき接骨院へご相談ください。

item.298.1

お問合せはこちら | さぬき市みなづき接骨院

電話番号 0879-43-0069
トップへ戻る